はかるだけダイエット

私は元来、やせ型で太らない体質でした。胃下垂と言いますか、虚弱体質と言いますか、とにかくガリガリで、高校生の頃は155センチで38キロ。大学に入ってから、少しだけ運動を始めた事もあり、筋肉がついた分だけ体重も増加しましたが、それでも42キロ程度。そんな私が急激に太りだしたのは、社会人になってから。

食生活が不規則になり、ストレスやホルモンバランスの乱れなどで、一気に15キロも増加したのです。それでも「丁度良い」くらいに思っていたのですが、さらに10キロ増量した頃には、お腹のたるみと太腿の張りによって、洋服のサイズもついにLLへ。やっとダイエットを決意しました。と言っても、ジムに行く時間もお金も無いので、手っ取り早くできる「はかるだけダイエット」からスタート。

毎日体重を測るのは、意外に新鮮な発見がありました。朝と夜の変化はもとより、食事の量やその内容、運動の有無など日によって変わるという、単純な事を改めて知る事が出来ました。この方法は、きっと誰でも続けられる方法であると共に、自己管理の方法としても、意外に優れているのではないかと思います。お金も時間もかからず、特別な食材や器具も必要としません。流行りすたりも無いし、少々自己流にアレンジしても問題ありません。

朝と夜だけ体重計に乗るーただそれだけを心掛けるという、実に楽なダイエット法です。これを実践して、最大68キロあった体重が、5年後の今は60キロまで減りました。特別な事は何一つやっていませんが、記録する事で自分が記憶するため、食事などを必然的に気を付けるようになったのが、勝因だとは思います。今すぐ結果が欲しい、という方には向かないかも知れませんが、のんびり健康を目指す方には合う方法でしょう。

お茶を飲むだけダイエット

自分は学生なのですが普段は、甘めの飲み物ばかりを自動販売機で買っていました。そこでトクホなどのお茶をのむ(どうしても甘いものが飲みたいときはトクホコーラなどのゼロカロリー)それと、お茶はできたら、お金をあまりかけたくないので、家で作って水筒にいれてもっていき、どうしても節約したいときは、大学の水飲み場で水を飲むという生活をしたら、太ることはなく次第に痩せていきました。

お茶によってもカフェインが入ってるものは言っていないものがあり、入っているのを飲むとすっきりして眠い時にも眠気が飛ぶので一石二鳥です。モンスターエナジーなどは糖分なども多いのと、意外にもカフェインが入っているお茶のほうがカフェインを効率的に摂取することができ値段もお手頃価格でうれしいです。

それと同時に行き返りを少しスピードを速く歩くということを意識してみると、かなり効率的に痩せることができます。日々の歩くスピードを速めることはそれだけで運動になり、これからはできるなら階段も少し早く登ってみたいと思います。

さらに腹筋背筋腕立てを毎日する目標がなかなか実現できないので3日ぼうずでもつづけていきたいとおもっています継続は力なり これで成功できるはずです。

ダイエットこそ継続を

ネット社会の今、様々なダイエットの情報が流行しては静まり返るを繰り返している世の中。ダイエットをしている皆さんもなかなか続かないのが現状じゃないでしょうか。

私もその一人です。明確な目標がないとつい心が折れてしまいますが何か一つこのために痩せるんだ!と決意すると意外に続いたりするもので私も現在元カレを見返すことだけを考え2年継続中です。すぐに痩せたいと思うとハードなダイエットだったり、無理が出てきた時諦めがちなのでまずは夜7時以降食事をしないなどハードルを落としてはじめるのもいいかもしれないです。

食べることに関して我慢はしたくないというのは譲れないので、メインを食べる前に必ず野菜やおかずを好きなだけ食べてご飯は最後に食べるというよく聞く食事方法は私にはしっくりきました。太りそうなご飯や油ものは後回し。できることからコツコツと頑張っています。

コツコツといえば運動もダイエットには欠かせないと言われていますが、ウォーキングなども中々続かないものですよね。買い物に行くときは少し遠くに車を駐車したり、エスカレーターを使うところを階段で上り下りなど日常の中で動けばやらないよりは良いかなって気持ちでやっています。